2010年06月05日

087.告白

告白 2010年6月5日公開 公式サイト:http://kokuhaku-shimasu.jp/

2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。

『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラ。



とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。

「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」

教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

告白.jpg

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演。


原作を読んでからこの映画を鑑賞した。

結果として、原作に忠実なストーリーの展開であり、頭の中に展開のイメージがある分、かなり興味深く作品に入り込むことが出来た。

告白・・・、冒頭から松たか子が黙々と告白します。
その日を境に教師を退職するが、娘を殺した「犯人A」「犯人B」。この二人が確実に追い込まれていく展開がかなり面白かったです。
posted by yabu at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

086.シーサイドモーテル

シーサイドモーテル 2010年6月5日公開 公式サイト:http://seaside-motel.net

辺ぴな山奥にあるモーテルで繰り広げられるだましだまされ合いの騒動を、11人の豪華キャストで描く群像コメディー。

インチキなセールスマンを『人間失格』の生田斗真が演じるほか、コールガールの麻生久美子、ギャンブラーの山田孝之など、日本映画界を代表する俳優が集結。



人里離れた山奥にポツンと建つ「シーサイドモーテル」。

インチキなクリームを扱うセールスマン、亀田(生田斗真)が部屋にいると、呼んでもいないコールガールのキャンディ(麻生久美子)が現れる。

一方、別の部屋にいたギャンブラーの朝倉(山田孝之)と留衣(成海璃子)の元にはヤクザの相田(玉山鉄二)が借金を取りにやって来て……。

シーサイドモーテル.jpg

四つの部屋にわたって思いがけない関わりが生まれる。


山の中にある「シーサイドモーテル」、まずはこのタイトルの設定が面白いですよね。
ヤクザの取立てがらみの展開も良かったけど、内容が先読みできてしまう展開でした。

posted by yabu at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。