2010年07月04日

108.踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

【踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!】 2010年7月3日公開 公式サイト:http://www.odoru.com/

試写会は完成披露のみだったので、残念ながら参加できず、公開後の鑑賞となった。

過去2作がいずれも興行収入100億円を超えた大ヒットムービー『踊る大捜査線』シリーズの第3弾。
強行犯係係長に昇格した青島が、新しい湾岸署への引っ越しを命じられる中、数々の事件に巻き込まれてしまう。
監督は、テレビシリーズから携ってきた本広克行。キャストは、青島を演じた織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎らが続投し、内田有紀と故いかりや長介が演じた和久平八郎のおいっ子として伊藤淳史が新たに加わる。



湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。
海外からの要人が降り立つ空港が近くにあり、高速道路や変電所などが立ち並ぶお台場は、テロリストの標的となっていた。
そのため湾岸署は、よりセキュリティー設備が充実した新湾岸署への引っ越しをすることになる。
引っ越しの作業を一任された青島(織田裕二)は、部下と一緒に取り掛かるものの、湾岸署管内で次から次へと事件が発生し……。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!.jpg

「係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている!」は、上映時間、全12話分で70分、入場料1,000円。係長に昇進したばかりの青島の姿が描かれる。

ドコモ動画「係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている!」は8月7日から13日までTOHOシネマズ日劇、TOHOシネマズ梅田にて1日1回1スクリーンにて公開。

詳細は7月28日の東宝HPにて発表される。

ストーリー的にはお決まり感があるが、相変わらず「青島人気」が高い作品です。
青島係長も年をとった感じがしますね。

posted by yabu at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

107.ヒックとドラゴン

【ヒックとドラゴン】 2010年8月7日公開 公式サイト:http://hic-dragon.jp/

まだ公開まで一ヶ月もある作品ですが、ヤクルトホールの試写で鑑賞しました。

少年とドラゴンとの出会いと友情を描いた児童文学を基にして、ドリームワークスが製作するファンタジックな3Dアニメーション。
監督は『リロ&スティッチ』のコンビ、ディーン・デュボアとクリス・サンダース。
少年、ヒックの声には『ナイト ミュージアム2』などに出演するカナダの若手俳優、ジェイ・バルチェルを抜てき。

敵対関係にあるはずのバイキングとドラゴンが巻き起こす奇跡から目が離せない。



以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。
ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う。
本来なら敵同士であるヒックとトゥース。
しかし、二人の距離は少しずつ縮まり、やがて誰にも知られないように友情を育んでいく。

ヒックとドラゴン.jpg

オードリーの二人も太鼓判を押した本作の面白さが凝縮されたCMとなった。

自身の持ちネタ「トゥース!」が劇中のドラゴンの名前に冠されていることから宣伝キャプテンに就任したオードリー。
まるでヒックとトゥースのように仲良しの二人だからこそ、本作で描かれた友情の大切さもよく分かっていることだろう。


映像はドリームワークスのお墨付き!この作品も3D/2Dの同時゛公開だと思ったが、大空を飛び回るヒックとトトゥース、
これは出来れば3Dで見たほうが面白いと思った。
試写会は残念ながら2D・・・

最後の方は大人でも涙・・・のシーンが満載です。

posted by yabu at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。