2010年04月07日

049.カケラ

主演は『愛のむきだし』の満島ひかり。
満たされない恋愛をしている女子大生が、メディカルアーティストの女の子と出会い、友情以上恋愛未満の微妙な関係になる過程を描くオフビートなガールズ・ムービー。

映画『カケラ』 公式HP:http://love-kakera.jp/index.html
2010年4月3日、渋谷ユーロスペースにて公開中

カケラ.jpg

女子大生のハル(満島ひかり)は、ある日、病気や事故で体の一部をなくした患者のパーツを作るメディカルアーティストのリコ(中村映里子)と出会う。
自分を便利な女としてしか見ていないボーイフレンドにうんざりしていたハルは、愛に男も女も関係ないというリコの人生観に諭され、次第にリコと親密な関係になるが……。

人間の不完全さを肯定して人としてどうあるべきかを独特のガーリーな世界観で紡ぐ、安藤モモ子監督の第一回監督作品。

満島ひかり(24)扮する女子大生をめぐる恋と人間模様を描いた物語。

「人は心にカケラがあるからこそ、前に進もうとする」、その思いを込めました」とモモ子監督。


ガールズムービーと云われていますが、監督の思いを強く感じた作品です。
満島ひかり・・・、次の「川の底からこんにちは」も期待している作品です。
posted by yabu at 21:00| 東京 🌁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もきのう観て来ました。キネマ旬報の評価がわりとよかったので、期待して観に行ったけど、私にはイマイチ響きませんでした。後ろにいたおじさんは「こりゃ、ダメだ」と言って半分くらいで帰っちゃいました。
「川の底からこんにちは」に期待して、前売り券買ってきました。
Posted by rosalinda at 2010年04月09日 11:19
>rosalindaさん
満島ひかりって気になっている女優ですね。
作品の評価は良かったんですが、yabu的にもちょっと後味の悪かった作品だと思います。ハルの複雑な心境にカケラという意図は感じたんですが。。。

Posted by yabu at 2010年04月11日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。