2010年04月08日

050.タイタンの戦い

ギリシャ神話をベースに、神々の王ゼウスの息子として生まれながらも人間として育った青年ペルセウスが活躍するアクション・アドベンチャー超大作。

『タイタンの戦い』 公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/
2010年4月23日より公開



神々が世に君臨していたある時代。
神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。
彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す戦いの旅に出る。
そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。

タイタンの戦い.jpg

。『アバター』の注目株サム・ワーシントンが主人公のペルセウスを演じるほか、『バットマン ビギンズ』のリーアム・ニーソンら豪華実力派が集結。

4月8日、ジャパンプレミアin六本木ヒルズで試写を鑑賞しました。
3Dの試写会だったんですが、2Dで撮影された作品ということで、アバターみたいな迫力は欠落・・・
字幕だけが「飛び出して見えて・・・」という感じで、迫力に欠けた作品でした。
あっ、映画の内容は良かったです。

この作品、期待して(笑)3Dを観たら、少しガッカリするのではと思っちゃいます。
何せ、3Dだと字幕だけが飛び出して見えるので吹替えがお勧めなんですが、タイタンは2Dで鑑賞することをお勧めします。

どうやらアリスも2Dの方がお勧めみたいですね(笑)
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。