2010年06月06日

089.FLOWERS フラワーズ

2010年6月12日公開 公式サイト:http://flowers-movie.jp/

「FLOWERS フラワーズ」
昭和初期から平成まで3代にわたって激動の時代を生き抜いた6人の女性にスポットを当て、自分らしく生きる彼女たちの姿を描くドラマ。
日本映画界を代表する6女優、蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子が豪華共演を果たし、それぞれの時代の日本女性を体現する。



昭和11年、進歩的な考え方の凛(蒼井優)は、親同士が決めた結婚に悩み続け、式当日に、花嫁姿のまま家を飛び出してしまう。

やがて、昭和30年代。
凛は3人の娘、薫(竹内結子)、翠(田中麗奈)、慧(仲間由紀恵)を授かっていた。
娘たちもまた、高度経済成長を遂げる時代を懸命に生きていく。

FLOWERS フラワーズ.jpg

昭和11年。進歩的な考え方を持つ凛は、親に決められた結婚をすることに疑問を抱き、悩んだ末に式の当日、花嫁姿のまま飛び出してしまう。
そして20年の月日が経ち、凛は3人の娘を授かっていた。 ...

劇中、慧(仲間由紀恵)がお腹にいる子に対し「この子には大きな世界を見せてあげたい」といい、生まれてきた広末涼子のセリフは「生まれて来て良かった。生んでくれてありがとうと言いたい!」といった言葉が印象的でした。

時代を生きる三世代の女性たち。昭和という時代の流れを強く感じるいい作品でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。