2010年06月19日

093.瞬 またたき

瞬 またたき 公式サイト:http://www.matataki-movie.jp/

2010年6月19日公開

公開されている映画館も少し少ない気がする映画です。

発売されるや「涙でページがめくれない」と話題を呼んだ河原れんの同名小説を、『解夏』の磯村一路監督が映画化したラブストーリー。
恋人を交通事故で亡くし一人生き残った女性が、事故の真相を知るため記憶をたどり、つらい現実と向き合う中で再生していく姿を描く。

心の傷みを乗り越え亡き恋人の愛を再確認するヒロインを、『花のあと』の北川景子が熱演。
彼女の恋人に『ハルフウェイ』の岡田将生が扮するほか、大塚寧々、田口トモロヲら実力派が脇を固める。



恋人同士の淳一(岡田将生)と泉美(北川景子)はバイクで花見に出掛けた帰り、交通事故に遭う。
一人生き残った泉美は事故当時の記憶までなくしており、失意の日々を過ごす。
ひょんなことから弁護士の真希子(大塚寧々)と出会った泉美は、真希子の助けを借りて失われた記憶をたどっていく中で、ある真実を知る。

瞬 またたき.jpg
ある真実とは...

泉美(北川景子が中心にストーリーは進むのですが、yabu的にはこの「ある真実」にハマりました。
実際に自動車やバイクを運転していたら、咄嗟の時にこんな行動が取れるんだろうか?

観ていて、思わずポロッっとしたシーンです。
ラストは特に目を離せない見所となっている作品でした。
posted by yabu at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。