2010年07月10日

111.アデル/ファラオと復活の秘薬

【アデル/ファラオと復活の秘薬】 2010年7月3日公開 公式サイト:http://adele.asmik-ace.co.jp/

映友の評判は今一みたいだが、予告を観る限り個人的には楽しみにしていた作品です。109シネマズGMにて鑑賞!

『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。
フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬をめぐる冒険が繰り広げられる。
職業をさまざまに変えるルイーズの見せる、キュートな衣装にも注目。



1911年、エジプト。
妹の命を助けたいフランス人ジャーナリストのアデル(ルイーズ・ブルゴワン)は“復活の秘薬”の手掛かりをつかむが、宿敵のマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)に阻まれてしまう。
ちょうどそのころ、パリでは博物館の卵の化石からジュラ紀の翼竜がかえり、人々を恐怖に陥れていた。

アデル・ファラオと復活の秘薬.jpg

女性版インディ・ジョーンズを彷彿(ほうふつ)させるジャーナリストが、古代エジプトの秘宝をめぐって奔走するアドベンチャー。

若干、インディ・ジョーンズと赴きというか雰囲気は違うが、それなりに面白かった作品でした。
DVDで観られればいいと思った作品です。
posted by yabu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。