2010年06月17日

092.ザ・ロード

ザ・ロード 公式サイト:http://www.theroad-movie.jp/

2010年06月26日公開

なかのZEROホールでの試写会で鑑賞しました。

コーマック・マッカーシーがピューリッツァー賞を受賞した同名のベストセラー小説を映画化したロード・ムービー。
文明崩壊後のアメリカで、人間としての心を失わずに旅を続ける父子の苦難の日々を描く。
よき父親を熱演するのは『イースタン・プロミス』のヴィゴ・モーテンセン。



謎の天変地異がアメリカを襲い、ほとんどすべての動植物が死に絶え、文明も消滅。
そんな世界に残された父(ヴィゴ・モーテンセン)と息子(コディ・スミット=マクフィー)は、ひたすら南を目指して歩き始める。
生き残ったわずかな人々が互いを食らうという狂気の中でも父は決して正気を失わず、息子に人としてのモラルを語り続ける。

ザ・ロード.jpg

映画『ザ・ロード』。終末後の世界を描いたというだけでなく父と子のきずなの物語。
衰弱しながらもわが子を守り続ける父親の姿を好演している。

終末後の世界を描いたというだけでなく父と子のきずなの物語です。

何だか最近は「世紀末」を想定した作品が多くて...、略奪や殺し合いのシーンが多い気がします。
この作品も楽しいシーンは一切なし..。子供を連れて歩き、その息子に生きる術を教えていく映画でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

091.アイアンマン2

アイアンマン2 公式サイト:http://www.ironman2.jp/

2010年06月11日公開

この作品は試写会に当選していたにも拘らず、都合が付かずに公開後に鑑賞することになってしまった。

自ら発明したパワード・スーツで平和のために死闘を繰り広げる天才科学者兼経営者トニー・スタークを描き、大ヒットを記録したアクション大作『アイアンマン』の続編。
アイアンマンであることを公表したトニーに、新たな敵が襲い掛かる。ロバート・ダウニー・Jrが引き続きアイアンマンを演じ、監督もジョン・ファヴローが続投。
対する敵役には『レスラー』のミッキー・ロークや『ブラック・ダリア』のスカーレット・ヨハンソンなど実力派俳優たちが扮し、スリリングで迫力あるアクションが期待できるもの。



パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。
ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・スーツに身を包みアイアンマンとして立ち上がる。

アイアンマン2.jpg

アイアンマンのスーツが凄く進化してました。
前回のスーツはロボットが着せていましたが、今回のスーツは持ち運びタイプ。
男性ならまずこのスーツに目がいってしまいますよね(笑)

アイアンマンがパワーアップして帰ってきた作品です。
posted by yabu at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

090.ダブル・ミッション

ダブル・ミッション 公式サイト:http://www.w-mission.jp/

2010年6月19日公開作品

九段会館での試写会で鑑賞しました。

香港のアクション・スター、ジャッキー・チェンのハリウッド進出30周年記念作となるアクション・コメディー。
結婚を機にスパイから引退しようとした矢先、恋人の子どものいたずらで巨大な陰謀に巻き込まれてしまうCIAエージェントの奮闘を描く。



表向きはさえないセールスマンの顔を持つ敏腕CIAエージェントのボブ(ジャッキー・チェン)は、愛する女性との結婚を考えスパイ業からの引退を決意。
ある日、恋人の子どもたちの面倒を見ることを頼まれるが、子どもの一人がボブのPCからロシア当局の秘密データをダウンロードしてしまう。
やがて、彼らは巨大な陰謀に巻き込まれていき……。

ダブル・ミッション.jpg

今回の映画『ダブル・ミッション』も子どもたちとの共演、愛する人のために引退するスパイという設定などで、新たな一面も見せている。
特にジャッキーがラブコメを演じるというのは珍しい。


今年56歳のジャッキー、やっぱりどうしても一昔前のジャツキーとは動きも鋭さも少なく感じてしまうのは自分だけだろうか。。
次に公開されるベストキッドに期待してやまない。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

089.FLOWERS フラワーズ

2010年6月12日公開 公式サイト:http://flowers-movie.jp/

「FLOWERS フラワーズ」
昭和初期から平成まで3代にわたって激動の時代を生き抜いた6人の女性にスポットを当て、自分らしく生きる彼女たちの姿を描くドラマ。
日本映画界を代表する6女優、蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子が豪華共演を果たし、それぞれの時代の日本女性を体現する。



昭和11年、進歩的な考え方の凛(蒼井優)は、親同士が決めた結婚に悩み続け、式当日に、花嫁姿のまま家を飛び出してしまう。

やがて、昭和30年代。
凛は3人の娘、薫(竹内結子)、翠(田中麗奈)、慧(仲間由紀恵)を授かっていた。
娘たちもまた、高度経済成長を遂げる時代を懸命に生きていく。

FLOWERS フラワーズ.jpg

昭和11年。進歩的な考え方を持つ凛は、親に決められた結婚をすることに疑問を抱き、悩んだ末に式の当日、花嫁姿のまま飛び出してしまう。
そして20年の月日が経ち、凛は3人の娘を授かっていた。 ...

劇中、慧(仲間由紀恵)がお腹にいる子に対し「この子には大きな世界を見せてあげたい」といい、生まれてきた広末涼子のセリフは「生まれて来て良かった。生んでくれてありがとうと言いたい!」といった言葉が印象的でした。

時代を生きる三世代の女性たち。昭和という時代の流れを強く感じるいい作品でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

088.あの夏の子供たち

あの夏の子供たち 2010年5月29日公開 公式サイト:http://www.anonatsu.jp

自ら命を絶ってしまった父親の死に戸惑いながらも、その悲しみを乗り越えようとする家族の再出発をみずみずしい映像美で紡ぐ人間ドラマ。



映画プロデューサーとして精力的に働き、家に帰れば妻と3人の娘たちをこよなく愛する父グレゴワール・カンヴェル(ルイ=ド・ドゥ・ランクサン)。
魅力にあふれ周囲の信頼も厚い彼だったが、不況の波が押し寄せ資金繰りが悪化していく中、自ら命を絶ってしまう。
突然の死にぼう然とする母娘に残されたのは、多額の借金と未完成の映画だった……。

あの夏の子供たち.jpg

映画製作会社ムーン・フィルムを経営するプロデューサのグレゴワールは殺人的な仕事
スケジュールをさばきながらも、いい父親・夫であり、毎週末家族と共に郊外で過ごして
いた。

だが映画の興行不振や諸々が原因で会社の経営は悪化の一途をたどっており、負債や
未払いが増えていく。

どんどん悪くなっていく状況に耐えかねた彼は、ある選択をする。

幸せな日々が一転、絶望の中で葛藤する家族に訪れた新たな出発とは。

思わず現実と勘違いしてしまうような脚本でした。
家族っていいものですね。
posted by yabu at 16:00| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

087.告白

告白 2010年6月5日公開 公式サイト:http://kokuhaku-shimasu.jp/

2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。

『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラ。



とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。

「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」

教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

告白.jpg

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演。


原作を読んでからこの映画を鑑賞した。

結果として、原作に忠実なストーリーの展開であり、頭の中に展開のイメージがある分、かなり興味深く作品に入り込むことが出来た。

告白・・・、冒頭から松たか子が黙々と告白します。
その日を境に教師を退職するが、娘を殺した「犯人A」「犯人B」。この二人が確実に追い込まれていく展開がかなり面白かったです。
posted by yabu at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

086.シーサイドモーテル

シーサイドモーテル 2010年6月5日公開 公式サイト:http://seaside-motel.net

辺ぴな山奥にあるモーテルで繰り広げられるだましだまされ合いの騒動を、11人の豪華キャストで描く群像コメディー。

インチキなセールスマンを『人間失格』の生田斗真が演じるほか、コールガールの麻生久美子、ギャンブラーの山田孝之など、日本映画界を代表する俳優が集結。



人里離れた山奥にポツンと建つ「シーサイドモーテル」。

インチキなクリームを扱うセールスマン、亀田(生田斗真)が部屋にいると、呼んでもいないコールガールのキャンディ(麻生久美子)が現れる。

一方、別の部屋にいたギャンブラーの朝倉(山田孝之)と留衣(成海璃子)の元にはヤクザの相田(玉山鉄二)が借金を取りにやって来て……。

シーサイドモーテル.jpg

四つの部屋にわたって思いがけない関わりが生まれる。


山の中にある「シーサイドモーテル」、まずはこのタイトルの設定が面白いですよね。
ヤクザの取立てがらみの展開も良かったけど、内容が先読みできてしまう展開でした。

posted by yabu at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

085.座頭市 THE LAST

「座頭市 THE LAST」 2010年5月29日公開。:http://www.the-last-1.jp/

故・勝新太郎の当たり役として有名なアクション活劇シリーズ「座頭市」を、時代劇初挑戦となる『カメレオン』の阪本順治監督が映画化。

SMAPの香取慎吾を主演に迎え、座頭市最後の日々を新機軸で描き、シリーズの有終の美を飾る。



市(香取慎吾)は愛する妻タネ(石原さとみ)のためにもそれまでの人を斬(き)る生活を捨て、故郷で静かに暮らそうと心に決める。

彼はとりあえず旧友の柳司(反町隆史)の家に身を寄せ、百姓として生きるために杖を置く。

だが、村は血も涙もない天道一家によって支配されており、やりたい放題の彼らに苦しめられた百姓たちは市に救いを求める。

座頭市 THE LAST.jpg

普段のちゃめっ気を消し去り、盲目の主人公に成り切った香取の真剣勝負に息をのむ。


勝新太郎が余りにも有名な時代劇「座頭市」の完結編。

主人公・市を演じるのはSMAPの香取慎吾だ。愛する妻を失い静かな余生を望む市だったが、戦いの宿命は彼を再び修羅の道へと呼び戻す。

反町隆史、倍賞千恵子、石原さとみ、仲代達矢といった豪華共演陣にも目を奪われる。
香取自らが120点!と豪語するだけあり、かなりいい出来上がりの作品だと思います。
posted by yabu at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

084.プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの敏腕プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが携ったアクション・アドベンチャー大作。

古代ペルシャを舞台に、時間をさかのぼって過去を変えられる「時間の砂」をめぐる陰謀に迫る。

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』 2010年5月29日より公開
公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/persia-movie/



シャラマン王に見込まれて養子となった、ペルシャ帝国第3王子のダスタン(ジェイク・ギレンホール)は勇猛果敢な若者だった。

ある日、敵国への武器供給の情報を得た王の腹心の弟ニザムと王子3人は協力し、軍を率いて聖地アラムトの制圧を成し遂げる。

だが、聖地への進軍は王の怒りを買い、王は武器供与の証拠を示せと息子たちに迫るのだった。

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂.jpg

主演の王子役を『ゾディアック』のジェイク・ギレンホールが熱演

ジェイク・ギレンホールはマイ・ブラザーの弟役でも出演していましたね。


時間の砂というテーマは良かったけど、今一入りきれなかった作品です。
いろんな映画を観すぎているせいですかね。。。
posted by yabu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

083.RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。

監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 
公式HP:http://www.railways-movie.jp/ 2010年5月29日公開



大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。

一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。

そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となるが……。

railways.jpg

一畑電車の走る島根の風土を描きながら、家族や仕事といった人生の普遍的なテーマを扱った深遠なストーリーが感動を呼ぶ。


試写会のハガキも来たが仕事の都合で行けなかった。
どうしても観たかった作品です。

後半、何度も涙が流れてしまう感動的なシーンが多々あります。
何度も観たくなった映画です。
posted by yabu at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

082.マイ・ブラザー

デンマーク映画『ある愛の風景』を、トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマンらの豪華共演でリメイクした家族ドラマ。

秘密を抱えた元兵士の男と妻、そして二人の娘に男の弟を巻き込んで、家族の崩壊と再生を情感豊かにつづる。

『マイ・ブラザー』 公式HP:http://my-brother.gaga.ne.jp/
2010年6月4日より公開



アフガニスタンで兵役に当たっている夫・サム(トビー・マグワイア)の帰りを待つグレース(ナタリー・ポートマン)の元に、サムの訃報が届く。

絶望のふちにいるグレースと二人の娘を慰めてくれたのは、サムの弟、トミー(ジェイク・ギレンホール)だった。

そんなある日、まさかの帰還をしたサムだったが、まるで別人のように変ぼうしていて……。

マイ・ブラザー.jpg

監督は『マイ・レフトフット』『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』などのジム・シェリダン。

戦争のもたらすあらゆる悲劇と家族のきずなが胸を打つ珠玉の感動作。



トビー・マグワイアと言えば、スパイダーマンのイメージが強い俳優・・・

今回は、あの明るいイメージを一切捨てて「戦場から帰ってきた兄」を演じている。

戦争のもたらす悲劇とあるが、実際に起こりえる話なので、思わず考えさせられてしまった作品です。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

081.ケンタとジュンとカヨちゃんの国

孤児院で兄弟のように育った若者たちが、過酷な労働環境で働かされている解体現場の仕事にいら立ちを募らせ、人生の新たな一歩を踏み出そうとする青春ストーリー。
『イキガミ』の松田翔太と『ハゲタカ』の高良健吾が、気迫あふれる演技力で、現代社会を生きる若者たちが抱える不安や憤りを生々しく体現する。

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 公式HP:http://www.kjk-movie.jp/
2010年6月12日より公開



孤児院で兄弟のように育ったケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は、電動ブレーカーでひたすら壁を壊すだけの解体現場で働く日々を送っていた。
安い賃金に過酷な労働環境、そして陰惨ないじめに遭い、行き場のないいら立ちを募らせた彼らは、兄貴のいる北へ向かうことにかすかな希望を抱いて、旅に出ることにするが……。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国.jpg

松田翔太、高原健吾、安藤サクラ。
個性的な三人が主演となっている青春ムービー。

松田兄弟は最近多くの作品に出演しているので、とても気になる存在です。
この作品でも、とても個性的な役柄でよかったです。

高原健吾は「ボックス!」でも素晴らしい演技をしていて好感が持てる俳優だと思います。

安藤サクラは「クヒオ大佐」でも個性的な出演をしていましたね。


映画は、青春ストーリーと予想していたのですが、微妙に違っていました(笑)

夢も希望も見出せない三人の若者が、戻ることも進むこともできない旅に進んでいくストーリーなんです。

ラスト、旅の終わりに彼らはどうなるのか・・・


個人的には松田翔太が好きなので、良かったのですが・・・
posted by yabu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

080.グリーン・ゾーン

『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に就いた男の決死の捜査を描く。

『グリーン・ゾーン』 公式HP:http://green-zone.jp
2010年5月14日より公開



ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う極秘任務に就くが、国防総省の要人によって手掛かりを奪われてしまう。
国防総省の動きを不審に思った彼は、同じ疑念を抱いていたCIA調査官ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘することに。
部隊を離れ単独で調査を開始し、執ような妨害工作に苦しみながらも謎の核心に迫っていく。

グリーンゾーン.jpg

手持ちカメラによる撮影で、臨場感は倍増するかもしれませんが「目が回ってしまう」感があります。

マット・デイモン、相変わらずかっこいいですね。
posted by yabu at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

079 LINE

自らの家族や沖縄・コザ吉原の娼婦(しょうふ)たちを通して、人と人とのつながりや家族のきずなを浮かび上がらせる異色ドキュメンタリー。
メガホンを取るのは、大阪を拠点に『いいこ。』などのインディペンデント劇映画を手掛けてきた小谷忠典。
監督が暮らす大阪府大正区と沖縄を舞台に、それらの地で生活する人たちの生々しい姿を映し出す。
皆がそれぞれ傷を抱えながらも、強く生きている姿に胸を締め付けられる。



沖縄出身の住民が3割を占める大阪府大正区。
映画監督の小谷忠典は恋人と恋人の子ども、そして酒におぼれる彼の父親との日々に、ストレスをため込んでいた。
ある日、小谷は大正区とつながりのある沖縄へ向かうことを思い立ち、沖縄の歓楽街、コザ吉原へと足を運ぶ。

LINE.jpg

監督の小谷忠典氏は、父親や恋人との関係が揺らぐ中、何かを求めて地元の大阪・大正区に縁がある沖縄へ旅立ち、現地の女性の裸体を撮影しています。

こんなに女性の裸体を撮影して、何を感じるんだろう?
小谷氏は「向き合うということの意味」について訴えていると感じました。
posted by yabu at 22:00| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

078 アヒルの子

コミューン団体、幸福会ヤマギシ会の教育施設で幼年期の1年を過ごした女性の姿を通して、現代の家族の問題を問い直す鮮烈なドキュメンタリー。
被写体の小野さやか自身がメガホンを取り、自らの家族と対峙(たいじ)し、長い間抱えてきた苦しみをあぶり出していく。

『アヒルの子』 公式HP:http://ahiru-no-ko.com/
2010年5月22日よりポレポレ東中野にて公開



小野さやかは常に生きづらさを感じながら生きてきた。
それは、5歳のときにヤマギシ会の幼年部に預けられたことで、家族に捨てられたと考え傷ついていたからだ。
彼女は呪縛(じゅばく)から解放されるために家族一人一人と対峙(たいじ)するが、解決策は見つからない。
そこで、名簿を基にヤマギシ会の同級生たちを訪ね歩いてみるが……。

アヒルの子.jpg

あなたは、家族のこと知ってますか?

監督小野さやかさんが、自らを被写体にして幼年時代にあったことを映像で明らかにしている。

ドキュメンタリーとは言わず、ライブムービー、さらに言えばアライブ(生きている)ムービーだと言われる作品です。

幸福会ヤマギシ会という組織が実際にあり、全国から幼年期の子供が預けられている。

そこでの生活は本人たちしか知らないし、中には小野さやかさんのように「親に捨てられた、家族が憎い」とトラウマになって成長する人間もいると思う。

なぜ、そこまで本当の気持ちをさらけ出すのか?
家族ととことん向き合った記録を映像として残し、それを受け入れた家族もすばらしいと思いました。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

077 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

『エグザイル/絆』などで世界中から注目を集めるジョニー・トー監督が、娘一家を犯罪組織に殺された元殺し屋の男の復讐(ふくしゅう)を描くハードボイルド・アクション。
主演は、フランスの国民的大スター、ジョニー・アリディ、共演にはアンソニー・ウォン、ラム・シュー、サイモン・ヤムらジョニー・トー作品の常連俳優がそろう。スタイリッシュな映像美と斬新なガン・アクション、そして血脈よりも固いきずなで結ばれた男たちの熱い生きざまが胸に迫る。

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 公式HP:http://judan-movie.com
2010年5月15日より公開



腕利きの殺し屋だった過去を持つフランス料理店オーナーのコステロ(ジョニー・アリディ)は、最愛の娘とその家族が何者かに惨殺されたことを知らされる。
単身マカオへ乗りこんだ彼は、異国の地で出会った3人の殺し屋たちと手を組み、娘の敵を討つことを誓う。
しかし、かつて頭に銃弾を受けたことのある彼は徐々に記憶を失い始めていた……。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を.jpg

この作品、いきなり幸せそうな普通の家庭が銃撃の現場となる。
その画面に驚かされてしまった。
復習を娘に誓った一人の父親コステロ(ジョニー・アリディ)、その背景には深い理由があった。

この作品もかなり引き込まれてしまったと思います。
DVDでもいいから、映画好きには必見の作品です。
posted by yabu at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

076 孤高のメス

患者のたらい回しなど現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ。
実際に医療に携わる大鐘稔彦の同名小説を基に、地方の市民病院に勤務する外科医が旧弊な医療現場で困難な手術に立ち向かうさまを描く。

『孤高のメス』 公式HP:http://www.kokouno-mes.com
2010年06月05日より公開



1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。
しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。

孤高のメス.jpg

リアルな医療現場に震撼(しんかん)させられるのはもちろん、鬼気迫るストーリー展開も見応え十分だ。
堤真一、流石の演技ですね。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

075 レギオン

神に見捨てられた人類と天使たちとの壮絶な闘いを描くアクション・スリラー。
『アイアンマン』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』などで視覚効果を手掛けたスコット・スチュアート監督が初メガホンを取り、神に背いた大天使ミカエルに率いられる人類の運命を迫力の映像で映し出す。

『レギオン』 公式HP:http://legion.jp
2010年05月22日より公開



モハベ砂漠のダイナーに客としてやって来た老女が突然怪物と化し、店は虫の大群に取り囲まれてしまう。すると、武装した怪しい男、ミカエル(ポール・ベタニー)が現れ、人間を見限った神との戦いを宣言。
実はミカエルの正体は、神を裏切り、人類のために立ち上がった大天使だった。

レギオン.jpg

出演は、『ダ・ヴィンチ・コード』のポール・ベタニーと『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイド。

ポールが演じる、力強くセクシーな大天使ミカエルの姿は必見。



神に背いた大天使ミカエルという設定が面白かったですね。
でも、大天使が手に銃やナイフを持っているなんて、予想外ですよ(笑)

posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

074 エスター

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。

『エスター』 2009年10月10日より公開、サスペンスホラー作品です。



子どもを流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。
以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問。
そこで出会ったエスター(イザベル・ファーマン)という少女を養女として迎え入れる。

エスター.jpg

3人目の子供が死産してしまったケイトは、本来3人目の子供に注ぐはずのだった愛情を救いを求めている子供に注げればと養子を取ることに。

そこで孤児院から9歳のエスターという女の子を養子として貰い受ける。

エスターは、頭もよく、礼儀も正しく、そして絵もうまい…

しかし、このエスターは本当になずるがしこい子供だった。
自分の不利益になる人物は徹底的に追い詰め、利用できるものは騙し脅すさまは陰湿で評判通りかなり恐ろしかったです。

最後、エスターの正体が〇〇歳だったとは・・・。


新橋文化、2作目の作品でした。かなり面白くて引き込まれたしまいましたよ。
posted by yabu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

073 パーフェクト・ゲッタウェイ

世界一美しいリゾート地として人気のハワイを舞台に、ハネムーンで訪れた男女が、殺人事件に巻き込まれていくアクション・サスペンス。

「パーフェクト・ゲッタウェイ」 公式HP:http://www.perfect-getaway.jp/
2010年1月23日より公開

前売り券まで購入し、期待していた作品なんですが3月には公開が終了し、鑑賞券も使われないままとなっていたんですが、新橋文化で上映が始まったことを知り行ってきました。



世界でも有数のリゾート地ハワイで1組のカップルが殺され、ハネムーンでハワイを訪れていたクリフ(スティーヴ・ザーン)とシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、自分たちの周囲にいる人間に疑いの目を向ける。
軍隊にいた男や入れ墨をした男とその彼女たちが怪しいとにらむが、クリフたちは犯人像をつかめず……。

パーフェクト・ゲッタウェイ.jpg

予測不可能な展開の果てに待ち受ける衝撃のラストに絶句。


やはり、前売り券を買ったくらいの期待できる作品だと思いました。
でも結局のところ、新橋文化では前売り券は使えず(笑)
posted by yabu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。