2010年05月09日

072 ボックス!

百田尚樹の同名の人気小説を『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が映画化した青春映画。
高校のボクシング部を舞台に、まったくタイプの異なる青年二人がリングに青春を懸ける姿を鮮やかに映し出す。

『ボックス!』 公式HP:http://www.box-movie.jp/
2010年5月22日より公開



高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢(市原隼人)は、ボクサーとして天性の素質を持っていた。
一方、彼とは幼なじみで進学科の秀才、木樽(高良健吾)は子どものころから腕力にはまったく自信がなかった。
だが、木樽は自分も鏑矢のように強くなりたいと願い、ボクシング部に入部して日々コツコツと努力を積み重ねていき……。

ボックス!.jpg

李闘士男監督のティーチインが試写会でありました。
原作は700ページ以上、台本は120ページくらいで出来ているそうです。

なので、映画ですべてを表現することは無理ということで、かなり観る人のイマジネーションを膨らませて観るような作品に仕上がっています。

ストーリー的にも面白かった映画です。
posted by yabu at 15:00| 東京 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

071 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

自称・売れっ子奇術師と天才物理学者のコンビが、世の中の不可解な現象の裏に潜むトリックを暴く、人気ミステリーの劇場版第3弾。
霊能力者が強権的に統治する村を舞台に、最強の霊能力者を決める“霊能力者バトルロイヤル”に参加した彼らに恐るべき魔手が忍び寄る。

『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』 公式HP:http://www.yamada-ueda.com/
2010年5月8日より公開



霊能力者“カミハエーリ”が統治する万練村では、その後継者を決める大会が行われようとしていた。
貧乏なマジシャン、山田奈緒子(仲間由紀恵)は、霊能力者に成り済まして大会に参加し、村の財宝をネコババしようと画策するが、バカげた風習を辞めさせるために招かれた物理学者の上田次郎(阿部寛)とはち合わせてしまう。

霊能力者バトルロイヤル.jpg

堤幸彦監督を筆頭に、仲間由紀恵、阿部寛が再集結するほか、松平健、佐藤健、戸田恵子ら豪華キャストが参戦。

いつもと同じメンバーがキャストであり、まるでテレビを見ているような感じでした。
わざわざ、スクリーンで観るまでもない映画だと思います。

映画としては面白いのですが、ストーリーに新鮮味がなくてちょっと残念だなぁ(笑)
あくまでも個人的な感想ですので、気にしないでくださいね。
posted by yabu at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

070 月に囚われた男

地球に必要不可欠なエネルギー源を採掘するため月の基地に滞在中の男が奇妙な出来事の数々に遭遇するSFスリラー。

『月に囚われた男』 公式HP:http://moon-otoko.jp/
2010年4月10日より公開中



サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在する仕事に就く。
地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能コンピュータ(ケヴィン・スペイシー)だけの環境だったが、任務終了まで2週間を残すある日、サムは自分と同じ顔をした人間に遭遇する。

月に囚われた男.jpg

この映画、凄く観たかったんです。
映画館の予告で、何がどうなっている作品なのか興味深々でした。

サム(サム・ロックウェル)はこの作品で一人三役をやっているんですよね。そこも凄いというか、大変な役柄だったと思います。

SFスリラー作品。
俳優もほとんど出ないし、コンピュータが会話の相手となっているなど、低予算の中で味を出している作品です。豪華さがないのは愛嬌だと思ってください(笑)
posted by yabu at 21:00| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

069 パーマネント野ばら

人気漫画家・西原理恵子が大人の女性のおかしくも切ない恋心を描き、大きな話題を呼んだ同名漫画を映画化した恋物語。
田舎町の小さな美容室を舞台に、男性に振り回されながらも「どんな恋でもないよりまし」とたくましく生きる女性たちの恋模様を紡ぐ。

『パーマネント野ばら』 公式HP:http://www.nobara.jp/
2010年5月22日より公開予定



娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つの美容室「パーマネント野ばら」。
町の女性たちは日々店に集ってはおしゃべりに興じ、恋にまつわるさまざまな悩みや人には言えない小さなうそを告白していた。
一方、なおこは高校時代の恩師カシマ(江口洋介)と恋をしていたが、その恋にもある秘密が隠されていた……。

パーマネント野ばら.jpg

この映画、観た人でしか分からないと思うのですが、後半に隠されている秘密が分かります。
所々に不思議なシチュエーションがあるんです。その意味が分かるのが最後のシーン・・・
なるほど、だからあの時はこうだったのかと、思わずうなづいてしまいました。

できればもう一度観たい作品です。
posted by yabu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

068 川の底からこんにちは

仕事も人生も妥協して生きてきたヒロインが実家に戻り、病気で倒れた父親の営むしじみ加工工場の再建に奮闘する人生応援歌。
工場の従業員には相手にされず恋人に浮気されながらも、どん底から開き直って成長していくヒロインを『愛のむきだし』の満島ひかりが熱演する。

『川の底からこんにちは』 公式HP:http://kawasoko.com/
2010年5月1日より渋谷ユーロスペースにて公開



上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送る佐和子(満島ひかり)は、父親が病で倒れたことから帰郷。
一人娘のため父が営むしじみ加工工場の後を継ぐことになるが、従業員のおばさんたちには相手にされず、会社の経営も倒産寸前に追い込まれていた。
その上、一緒に工場の後継ぎになりたいと付いてきた恋人にまで浮気されてしまう。

川の底からこんにちは.jpg

夢や希望を持ちにくい世の中で、中途半端に生きてきた人々が逆境に立ち向かっていく姿が共感を誘う。
しじみが暮らすのどかな水辺の町で、どん底から這い上がってゆく人たちが一生懸命に繰り広げる可笑しくて愛おしくなる、人生応援活劇!


満島ひかり、面白い女優だと思います。
もっともっといろいろな作品に出演して腕を磨いて欲しいと思います。

最近はテレビにも出演している様子ですね。
もうすぐ(5/10〜)フジテレビ 連続ドラマ 「月の恋人」 安斎リナ役として出演します。
posted by yabu at 13:30| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

067 パリより愛をこめて

ジョン・トラヴォルタとジョナサン・リス・マイヤーズ演じる諜報(ちょうほう)員が、爆弾テロリストと戦うスタイリッシュなアクションムービー。
アメリカ政府の要人を狙う暗殺計画を知った二人が、フランス・パリを舞台に激しい銃撃戦やカー・アクションを繰り広げる。

『パリより愛をこめて』 公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/frompariswithlove/
2010年5月15日より公開



CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラボォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)活動の日々が一転、危険な麻薬捜査に乗り出すこととなった駐仏アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)。
捜査を続けるうちに、二人は爆弾テロリストによるアメリカ政府要人暗殺計画を突きとめる。

パリより愛をこめて.jpg

日テレ試写会で鑑賞しました。
ワックス(ジョン・トラボルタ)とリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)のコンビがとても良かったです。
R15+なので、多少の血は流れますが、アクション映画としてとても良かったです。
posted by yabu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

066 オーケストラ!

かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。
寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡

『オーケストラ!』 公式HP:http://orchestra.gaga.ne.jp/
2010年4月17日より公開中



かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)は、今はさえない劇場清掃員として働いていた。
ある日、出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探しているというFAXを目にした彼は、とんでもないことを思いつく。
それは、いまや落ちぶれてしまったかつての仲間を集めて楽団を結成し、コンサートに出場するというものだった。

オーケストラ.jpg

『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『トランスポーター』シリーズのフランソワ・ベルレアンらが出演。
逆境にめげず、コンサート出場を目指す元楽団員たちの姿に勇気づけられる。

後半20分は、オーケストラの醍醐味を感じさせてくれて、尚且つ感動秘話のストーリーになっています。
前半はドタバタですが、アンドレが何故ガラクタオーケストラを集めた本当の理由が最後に分かります。

こんなにいい作品なんですが、上映している映画館が少ないので、なかなか知名度は低い気がします。
多くの人に観て欲しい作品です。
posted by yabu at 16:00| 東京 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

065 春との旅

足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。

『春との旅』 公式HP:http://www.haru-tabi.com/



足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親類縁者を訪ね歩く旅に出る。
親族との気まずい再会を経るうちに、忠男はこれまで避けてきた過去と向き合わざるを得なくなる。
そんな祖父の葛藤(かっとう)を間近に見ていた春にも、ある感情が芽生えていく。

春との旅.jpg

試写が終わった後に小林監督のティーチインが行われました。
監督自身が9年前に原作を作り、イメージ通りの俳優を出演させることが出来たようです。
出てくる俳優は、かなりベテランの方ばかりであり、特に仲代さんはスケジュールの調整が出来なかったので、スケジュールの合間に撮影をしたとのことでした。

また、足の悪い忠男(仲代達矢)と一緒に歩く孫娘の春(徳永えり)の歩き方。
かなり独特の歩き方であり忠男の歩き方と似ているような感じだったので、ティーチインでも観客の質問となっていました。
やはり監督の演出であんな歩き方になったようです。

最近の邦画の中でも、春の気持ちに心打たれた作品でした。
posted by yabu at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

064 ウルフマン

満月の夜になると、凶暴な殺人鬼ウルフマンに変身してしまう男の苦悩を描いたホラームービー。
共にオスカー俳優であるアンソニー・ホプキンスと、ベニチオ・デル・トロがのろわれた宿命を背負う父子にふんするほか、『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラント、『マトリックス』シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングらが共演。

『ウルフマン』 公式HP:http://www.wolfman-movie.jp
2010年4月24日より公開



19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。
犯人の捜索中にウルフマンに襲われた彼は自らもウルフマンに変身し、満月の夜になると殺人を犯すようになってしまう。
そんなローレンスを父ジョン(アンソニー・ホプキンス)はわざと凶行に走らせ、警察へ引き渡すが……。

ウルフマン.jpg

森に現れたウルフマンに驚いたが、実は自分もウルフマンであり、モンスターの家系だったことだ。
少しグロの部分もあるが、内容的には面白かった作品です。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

063 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜

フジテレビのバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」から生まれた人気ユニット「矢島美容室」の物語が映画化。
アメリカのネバダ州を舞台に、矢島美容室の知られざるデビュー秘話が明かされる。

『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』 公式HP:http://www.yazima.jp/
2010年4月29日より公開



父が営むネバダ州の矢島美容室で、平凡ながらも幸せに暮らしていた矢島家の母マーガレット(木梨憲武)、長女ナオミ(DJ OZMA)、次女ストロベリー(石橋貴明)。
しかし、父の突然の家出により、家庭の事情が徐々に変わり始める。
そんな中、オスカー女優を目指すナオミは、その足掛かりとしてミス・ネバダコンテスト優勝を目指すが……。

矢島美容室.jpg

矢島美容室の面々が自身の役で登場するのはもちろん、黒木メイサ、山本裕典といった旬の若手俳優たちも出演している。
家族のきずなを問う心温まるストーリーと驚愕の結末に注目。

突然蒸発してしまった父親、その父親を探すためにマーガレット・ナオミ・ストロベリーが立ち上がる。
テレビでおなじみの豪華俳優陣がスクリーンに登場している作品です。

面白い作品だが、わざわざスクリーンで観る必要は無いかな(笑)
映画の日、レディースデーなどで観ましょう。
posted by yabu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

062 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

縦横10メートル以上もある紙の上で、音楽に合わせ書をしたためるパフォーマンスがテレビ番組で放送され、大反響を呼んだイベント「書道パフォーマンス甲子園」を映画化した青春ドラマ。
紙の生産高日本一を誇るりながら不況で停滞した町の活気を取り戻そうと、「書道パフォーマンス甲子園」を開催すべく奮闘する女子高生たちの姿を描く。

『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』 公式HP:http://www.shodo-girls.com
2010年5月15日より全国公開



紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市では、不況が原因で町の商店街は閑散としていた。
四国中央高校の書道部部長・里子(成海璃子)は、ある日音楽に合わせ大きな半紙に文字を書く臨時顧問・池澤(金子ノブアキ)の姿を目にする。
その様子に衝撃を受けた里子たちは、町を活気付けようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催することを思いつく。

書道ガールズ.jpg

書道ガールズは日本テレビのズームイン朝!!の特番で何度も見ていたが、実話としてこんなエピソードがあったとは思いませんでした。

内容はテレビ的ですが、面白かった作品です。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

061 運命のボタン

ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬという究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。

『運命のボタン』 公式HP:http://www.unmeino.jp/
2010年5月10日より公開予定



ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。
夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。
考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。
二人は迷いながらもボタンを押してしまうが……。

運命のボタン.jpg

100万ドルの大金か他人の死か、人間のモラルに迫る究極の選択の行方から目が離せない。


ノーマ(キャメロン・ディアス)のもとにこの不思議なボタンが届けられ、真剣に悩んでしまうところがミステリーの面白さだ。

最後は予想がついてしまうんだが、なかなか面白い作品でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

060 育子からの手紙

病院のベッドで隣同士になった中年女性と13歳の少女が、かけがえのない友情で結ばれていく感動のヒューマンドラマ。
1989年に一人の主婦が著したノンフィクション・ロングセラーが原作となっている。

『育子からの手紙』 公式HP:http://film-crescent.com/ikuko/
2010年4月17日より、角川シネマ(新宿)にて公開中



結核性股関節炎の手術のために、夫や息子のことを気掛かりに思いながらも、やむなく入院した主婦・喜美子(原日出子)。
ひょんなことから、隣りのベッドで治療を受けていた少女・育子(宮崎香蓮)と言葉を交わすようになった喜美子は、病室が変わり、その後しばらくして退院した後も、育子と手紙のやりとりをするようになる。

育子からの手紙.jpg

温かみのある人間ドラマを通し、命と大切さを問う珠玉の一作。


涙無くしては見られない作品ですね。
喜美子(原日出子)の入院している病室で、隣のベッドに育子が入ってきた。
育子は「痛い!、痛い!」を連呼し、同じ病室の患者にも煙たがられ、育子の母親も困惑していた。
そんな時、喜美子が育子に言った言葉は...
「育ちゃん、痛い時は痛い!って言っていいんだよ!我慢しちゃだめ!」
その言葉を聞いた育子は、次第に喜美子に心を開いていく。

喜美子の病室が変わってしまい、離れ離れの病室となっしまったが、そこから喜美子と育子の手紙が交換されるようになる。
そんな育子からの手紙は、13歳という多感な少女の夢や希望がいっぱい詰まったものとなっていて、思わず涙が溢れてくる。
なぜなら、育子の体はすでに末期の骨肉腫。
あとどれだけ生きられるかの時間の問題だからだ。

少女の気持ちが実に明るく描かれていて、病気に負けない、生きるんだ!という気持ちが伝わってくる作品でした。
実話が元になっており、15歳で亡くなってしまった主人公のご冥福を祈ります。
posted by yabu at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

059 フェーズ6

致死率100パーセントのウイルスがまん延する世界で、感染を免れた4人の若者たちが、極限状況下で狂気に侵されるパニック・スリラー。

『フェーズ6』 公式HP:http://www.phase6-movie.jp//
シネマスクエアとうきゅう(新宿)ほか、2010年4月24日より公開中



治療薬がないウイルスに侵され廃虚のようになった街を出るため、お調子者の兄ブライアン(クリス・パイン)と、心優しい弟ダニー(ルー・テイラー・プッチ)の兄弟は、仲間とともに海岸を目指して車を飛ばしていた。
やがて、4人のうち1人がウイルスに感染していることが発覚すると、ブライアンは次第に本性を表わし始め……。

フェーズ6.jpg

パンデミックの恐怖をベースに人間の本性や深層心理をあぶり出す。
主演は『スター・トレック』のクリス・パイン。
パニックや狂気が支配する世界での葛藤(かっとう)や、試される善悪の基準など、誰もが自分に置き換えられるテーマ性が秀逸。


パンデミック、昨年はインフルエンザの流行でちょっとしたパニックでしたよね。
公開日の24日と25日はマスクをしていると1000円でこの作品が観られるキャンペーンがありました。

なんとも現実味を感じる作品でした。
posted by yabu at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

058.トロッコ

芥川龍之介の同名短編小説をモチーフに、懐かしい風景の残る台湾に舞台を移して再構築した、幼い兄弟の冒険と成長を叙情的につづる青春ドラマ。

映画『トロッコ』 公式HP:http://www.torocco-movie.com/
2010年5月22日より公開



「いつか一緒に行こう」と言っていた父親の故郷、台湾。
その日を楽しみにしていた8歳の少年、敦(原田賢人)と弟の凱(大前喬一) だったが、大好きな父親が急死してしまう。
台湾行きはかなわぬ願いと思われたが、母親の夕美子(尾野真千子)と共に台湾へ父親の納骨の旅に出発することになる。

トロッコ.jpg

家族のきずなや国境を超えたつながりに心が温かくなる作品。


敦(お兄ちゃん)の気持ちが痛いほど伝わってきます。
父親の生まれ故郷である台湾に行き、おじいちゃんといろいろと話を聞きながら、家族というきずながどんなものなのか、揺れ動く8歳の子供の気持ちを心温かく描いています。
感動がジワリと来るいい映画でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

057.のだめカンタービレ 最終楽章 後編

日本中にクラシック旋風を巻き起こした人気コミックをテレビドラマ化し、好評を博した「のだめカンタービレ」待望の映画版後編。

2010年4月17日公開 公式HP:http://www.nodame-movie.jp/



のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。
そんな折り、千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共演話が持ち込まれる。
その演奏曲であるラヴェルの「ピアノ協奏曲ト短調」は、のだめが千秋との演奏を熱望した曲だったが、二人の圧倒的な演奏に打ちのめされたのだめは激しく落ち込む。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編.jpg

今回は、天才的なピアノの腕を持つポジティブキャラの通称のだめが一流の指揮者を目指す千秋との恋愛に、珍しく思い悩む姿をシリアスに描く。
今作でも上野樹里や玉木宏のほか、前編同様豪華キャストらが共演。
音楽的に大きな成長を遂げながらも、私生活では恋に苦悩する、のだめと千秋の恋愛模様も見逃せない。


この作品は、前編と今回の後編をある程度誓い時間に観るともっと面白い作品だと思います。
どちらかといえば後編の方が面白く感じました。

上野樹里の天然キャラがとてもユニークに描かれていて、とても良かったです。
また、天才的なピアニストという設定もいい感じに表現されているので良かったです。
posted by yabu at 16:00| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

056.アリス・イン・ワンダーランド

児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。
アリスを演じるのはオーストリア出身の新進女優ミア・ワシコウスカ。ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターである帽子屋を、バートン監督と7度目のコンビとなるジョニー・デップ。
そのほかにヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイら豪華キャストの出演も話題となっている。

『アリス・イン・ワンダーランド』 公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/alice/
2010年4月17日より公開中



白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。
そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。

アリスインワンダーランド.jpg

これもまたティム・バートン監督とジョニー・デップ出演ということで人気が高い作品です。
また3D作品と2D作品があるので、好みで選んでください。

この作品、アバターと違い2Dで撮影し後で3D化した作品です。
この手法は「タイタンの戦い」と同じですが、立体感はアバターに負けると思うのはしょうがないですね。

さて、内容はどうだったのかといえば、ディズニー作品ですから・・・
ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、面白く出来ていると思います。
posted by yabu at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

055.ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

変身ヒーローにあこがれるさえない小学校教師が、エイリアンを倒して本物のヒーローになる姿を描いた『ゼブラーマン』の続編。
西暦2025年、架空の都市ゼブラシティを舞台に、15年間の記憶を失った主人公が、世界征服の野望を抱く悪党に立ち向かう。

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 公式HP:http://www.zeb2.jp/
2010年5月1日(土)公開



教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうしていた。
警官に発砲され意識を失った新市が再び目を覚ますと、ゼブラシティの犠牲者たちが集まるコミューンにいた。
そこで15年分の記憶を失い、かつて自分が地球を救ったゼブラーマンだったことを知った新市はリハビリを開始するが……。

ゼブラーマン.jpg

主演の哀川翔を筆頭に監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎が再集結。
仲里依紗演じるなまめかしいゼブラクイーンに目を引かれる。


ゼブラーマンの哀川翔よりゼブラクイーンの仲里依紗の歌と踊りが良かったですね。
かなり耳に残ってる感じです。

最後に「ゼブラーマン」と「ゼブラクイーン」が合体する必要となったとき、ゼブラーマンがいきなり布団を敷いて枕を並べたのは笑えました。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

054.誘拐ラプソディ

借金まみれでくたびれた人生を送る主人公が、ヤクザの組長の息子を誘拐したために逃げ回るハメになるロードムービー。

『誘拐ラプソディ』 公式HP:http://www.yuukai.jp
2010年4月3日より公開中



返すあてのない借金だらけで、人生にくたびれた前科者の伊達秀吉(高橋克典)は自殺を考える。
しかし死に切れず、金持ちの子どもである篠宮伝助(林遼威)を、人生一発大逆転のチャンスと考えて誘拐してしまう。
ところが、運が悪く、伝助はヤクザの組長の息子だったために、秀吉はヤクザの手下と警察の両方に追われてしまい……。

誘拐ラプソディ.jpg

主人公・伊達を演じるのは『特命係長 只野仁』シリーズの高橋克典。
逃避行の過程で不思議なきずなで結ばれる伊達と組長の息子の友情劇や、ヒロイックなイメージを封印して全編作業着姿でダメ男を妙演する高橋のキャラクターに注目。



14日、新宿3丁目の角川シネマで鑑賞しました。
水曜日なので男女ともに1000円の日です。

この作品、キャストがテレビドラマ等でよく見る俳優がいっぱいです。
そのためか、スクリーンよりもテレビで見ていたほうが落ち着いて観られると思ったりして...

高橋克典のダメ男ぶりが面白い作品でした。
posted by yabu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

053.過速スキャンダル

『カンナさん大成功です!』や『猟奇的な彼女』を超え、韓国ラブコメディー部門興行成績ナンバーワンを記録した、心温まるコメディードラマ。
突然出現した娘と名乗る女性に振り回される元アイドルの激動の日々を、卓越した笑いのセンスで見せる。

『過速スキャンダル』 公式HP:http://kasoku-scandal.jp/
2010年2月13日より公開中



かつてのアイドルスター、ヒョンス(チャ・テヒョン)も今や30代半ばにさしかかっていたが、現在も人気ラジオ番組のDJとして活躍していた。
ある日、自由な独身生活を楽しんでいる彼の前に、子連れのジョンナム(パク・ボヨン)が現れ、自分はヒョンスの実の娘だと言い始める。
彼女は、自宅だけでなく職場にまで執拗(しつよう)に押しかけてきて……。

過速スキャンダル.jpg

監督は、これがデビューとなる新鋭のカン・ヒョンチョル。
巻き込まれ型の主人公を『Sad Movie <サッド・ムービー>』のチャ・テヒョンが好演する。
前向きで、おかしくて胸がキュンとする物語に夢中になる。


さすが韓国ラブコメ作品ですね。とても面白い作品でした。
ある日、女の子が子連れで自宅を訪ねてきて、実娘だという。
あまりのしつこさに、友人の動物病院でDNAを調べてもらうと、間違いなく親子であるという結論。

人気DJとして売り出している自分に、隠し子(隠し孫)がいるなんて、命取りのスキャンダルになると思い、一時は追い出してしまうこととなってしまうが、やはり気になってラジオを通じて探してみることに...。


韓国ラブコメディー部門興行成績ナンバーワンとなった作品ですので、それだけでもラブコメ好きにはとても面白い作品です。興味のある方は劇場でご覧になってくださいね(笑)
posted by yabu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。